採用サイト制作|最後まで見てもらうには

採用サイトを制作しても、最後まで見てもらえなければ意味がありません。
どうすれば求職者に採用サイトをチェックしてもらえるのか。
注意点を知って求めている人材と出会える採用サイトを作りましょう。

採用サイト・最後まで見てもらう方法

方法① 企業サイトの情報以外も載せる

採用サイトは企業をアピールするためのものですが、企業サイトを見ればわかることだけを掲載するのはNG。
採用サイトを制作するときには「自分の企業に入社するメリット」「採用したい人材について」など求職者が知りたい情報はなにかを考えましょう。
採用サイト制作会社のスタッフはもちろんプロなので知識は豊富ですが、やはり実際に働いている人たちでなければわからないメリットはたくさんあります。
実際に働いてよかったと思った点や、新入社員がどのような日常を過ごしているのか・職場の環境など企業パンフレットでは知れない情報を発信しましょう。

方法② サイトのイメージは企業のイメージ

サイトの第一印象=企業のイメージと思ってよいでしょう。古い見た目のサイトやスマホなどに対応していないと、管理能力が低いかも……と不信感を持たれてしまう可能性があります。
そうならないためにも、自社の個性をアピールする作りを目指しましょう。
カラフルにして元気なイメージにする・インパクトのあるキャッチコピーを入れるなど、求職者の興味をそそる工夫が必要です。
また情報が更新されていない採用サイトも求職者に悪いイメージを与えてしまいます。
こまめに最近の成果を発表したり、採用状況を載せたり。
求職者は最新の情報を求めています。

方法③ 企業理念を見なくても方針が分かるようにする

会社の企業理念・方針などがトップページなどに載っていると、求職者は「こういう考え方をする会社なのか」と一瞬で理解できます。
ネット社会の現代では様々な情報が飛び交っているので、企業が信頼ある情報を提供できるようにしましょう。
情報をすぐに発信できる便利な現代だからこそ、不信感を持たれないよう企業が求職者目線にならなければいけません。

まとめ

採用サイトを制作するときには、企業をアピールするのと同時に求職者目線になることも重要。
応募者を増やすためには「この会社なら安心できる」と思ってもらえることが第一歩です。
ありのままの姿を求職者に見てもらえば、本当に相性の良い人材が見つかるはずです。
「自分の企業に就職することのメリット」をアピールするのに特化した採用サイトを上手に生かす方法を考えましょう。

SNSでもご購読できます。