採用サイトにおけるコンテンツマーケティングの重要性

優秀な人材を獲得するための採用サイト。効果を出すにはどのようなコンテンツマーケティングをすればいいのか悩んでいませんか。
採用サイト制作におけるコンテンツマーケティングの重要性を再確認して、優秀な人材を集める方法を考えましょう。

従来の採用サイトの問題点

採用サイトは以前から使われています。しかし従来の採用サイトでは採用担当者の悩みを解決できない場合が多いのです。
それでは採用担当者によくある悩みとは?
「募集をしても応募者が少ない」
「面接をしても会社に合う人材がいない」
「採用してもすぐに辞めてしまう」
「思っていた仕事と違うと言われてしまう」
会社の規模や職種によって採用担当者の悩みは異なります。しかし採用担当者であれば、よくある悩みの中のひとつは当てはまるのではないでしょうか。

コンテンツマーケティングでどう解決するか?

採用サイトを制作する際のコンテンツマーケティングで採用担当者の悩みを解決するには、的確に会社の雰囲気を伝える・入社後に自分が働いている姿を想像させることが重要です。
会社の雰囲気を写真や動画で伝えることで、応募者自身が「自分はこの会社に合うかも」と判断できるようになります。
また新人社員の仕事を一年などの長いスパンで紹介することで「入社後に自分が働いている姿が想像できる」ようになるのです。
また採用サイトを制作する際のコンテンツマーケティングは、応募者が何度も見たくなるようにすることも重要。
見ていて楽しいと思ってもらえると、企業自身に興味・愛着を持ってもらえます

そもそもコンテンツマーケティングとは?

コンテンツマーケティングとは「収益を生んでくれるユーザーに価値ある情報などを提供し続けて惹きつけ、愛着を持ってもらい収益に繋がるようにすること」。
もっと簡単に言うと「ユーザーが面白いと感じる情報を提供し続けるユーザーが愛着を持ちファンになってくれる→商品を購入してもらう」というイメージです。
ユーザーは自分にとって価値のある情報は得続けたいと思います。そして自分に必要な情報を与えてくれるサイトを定期的にチェックするようになり、愛着を持つようになります。
この「愛着」を持ってもらうことがコンテンツマーケティングでは重要と言えるでしょう。

採用サイトとSNS

近年注目を浴びているSNS。このSNSを活用した採用活動・ソーシャルリクルーティングも行われることが増えてきているようです。
ソーシャルリクルーティングとは企業側がSNSを通して採用情報の発信・質疑応答をする一方で、採用候補者のSNSを見てその人の考え方などを知ることも指します。
ソーシャルリクルーティングのメリットは、企業とのミスマッチを減らすことができる・企業と採用候補者双方の考えが見えているので離職率を抑えられるなど多数。
採用サイトを制作するのと同時に、SNSを活用して採用活動するのは効率的と言えそうです。

採用サイトとSEO

採用サイトを制作したにも関わらず応募者が少ない場合は、採用サイトの内容が悪いわけではなく単純にサイトが人目に触れていないのかもしれません。
このようなことが起こったときには、検索上位にくるよう制作した採用サイトにSEO対策を施す必要があります
SEO対策とは求職者が多く検索しているキーワードをサイト内に入れ込むなどして、WEBサイトを見つけてもらいやすくしてもらうこと。
検索して上位に表示されるようになると、アクセスする人が増える傾向にあります。
採用サイトの制作ならコンテンツマーケティングを活用していきましょう。

まとめ

採用サイトを制作するときには「どうすれば求職者が情報を見てくれるのか」「自分の会社を理解してもらうためにはどうすればよいか」を気を付けてみましょう。
制作した採用サイトがより効果を発揮する方法はたくさんあります!